使ってみる

Vivliostyle には現在2つのプロダクトがあります。ここではそれぞれの使い方をご紹介。加えて年内リリース予定の新サービスもいち早くご案内します。

Vivliostyle Viewer v2.0.0

  • ブラウザで動作する組版エンジン。HTML を読み込んで組版結果をブラウザに表示します。
  • ローカルのファイルを組版・表示するには、webサーバー起動が必要です(くわしくはFAQをご覧ください)。
  1. Vivliostyle Viewer を使う
  2. README
  1. ウィンドウサイズに合わせたページ表示

  2. 固定サイズによるページ表示

他にプライベートネットワークで使えるダウンロード版もあります。用途に合わせてお使いいただけます。

Vivliostyle CLI v2.0.0

  • コマンドラインから CSS 組版をして表示します。PDF に出力できます。
  • v2において press-ready をマージしたことにより、PDF/X-1a 出力がサポートされました(本機能には GhostscriptXpdf が必要です。詳細は press-ready をご参照ください)。
  1. README
  1. インストール方法

    • 事前に Node.js のインストールが必要です。
    • npm パッケージからインストールできます。
    $ npm install -g @vivliostyle/cli
    
  2. HTMLからPDFを作成する

    • ターミナルのコマンドラインから、build コマンドで HTML ファイルを指定すると、CSS 組版した PDFファイルを出力できます。
    $ vivliostyle build index.html
    
  3. プレビューの表示

    • preview コマンドを指定すると、閲覧ができます。
    • 操作の詳細は -h で。各コマンドのヘルプ help [cmd] も要チェック。
    $ vivliostyle preview index.html
    

Vivliostyle Pub (初期版を今年中に公開予定) v0.0.0

左ペインでテキスト / Markdown / HTML を入力・編集すると、右ペインで組版結果がプレビューできます。