特集企画:Create Book で同人誌を作ろう!

Create Book は markdown で書いた原稿を CSS 組版して、簡単に PDF ファイルへ変換する環境を構築します。HTML や CSS の詳しい知識はいりません。ルビや画像や表組、注も入れられますし、複数の原稿をまとめることだってOK。詳細はチュートリアルガイドを参照していただくとして、この記事では、手っ取り早く「Create Book でできること」を紹介します。さあ、あなたも Create Book で同人誌を作りませんか?

Create Book を使うには

  1. まず Node.js (v.10以上) をインストールしてください。
  2. Create Book のインストールコマンドは下記の通りです。<directory> には作成しようとする本のプロジェクトフォルダ名を指定します。

     npm create book <directory>
    
  3. インストールの際、作りたい本の用途に合わせ以下のテーマファイルのいずれかを指定します
    • @vivliostyle/theme-techbook……技術同人誌をふくむ横書き冊子
    • @vivliostyle/theme-academic……論文、レポートをふくむ横書き文書
    • @vivliostyle/theme-bunko……小説同人誌をふくむ縦書き文書/冊子
    • @vivliostyle/theme-slide……スライド
  4. インストールすると下図のようなフォルダ (ここでは mybook) が作成されます。❶〜❸のファイルを編集することで、本作りをすすめます。

図1 インストールにより生成されたmybookフォルダの内容。なお、グレイのファイル/フォルダは不可視属性。

VFM で原稿を書いてみよう

インストールにより作られたフォルダ内の manuscript.md (図1❶)をテンプレートとして編集することで、本作りのための原稿を作成します。このファイルは markdown 形式。これは一定の記法 (ルール) で書くことにより、プレーンテキストから簡単にHTMLへ変換できるフォーマットです。

もともと markdown はブログの原稿を書くために考案された形式です。ここから分かるように、その魅力は「原稿として書けること」、そして「HTMLに変換できること」の2つです。原稿を最初からHTMLで書く人はほとんどいないでしょう。しかし markdown 形式ならそれができます。プレーンテキストの書きやすさと、HTML の利便性の両立を狙ったフォーマットが markdown なのです。

markdown には各種の方言がありますが、その中でもっとも有力なのが GFM (GitHub Flavored Markdown) です。ただし、これは技術ドキュメント向けに工夫された記法なので、日本語書籍向けの記法を追加したのが VFM (Vivliostyle Flavored Markdown) です。

つまり、VFM は GFM の上位互換です。見出しなどよく使う記法は GFM のままですから、慣れた人ならあまり苦労せずに使い始めることができるでしょう。以下、この項では「VFM を使ってなにが書けるの?」という疑問にお答えします。

GFMの記法

基本となるGFM の主な記法をご紹介しましょう。これ以外にもたくさんの記法があります。詳細はチュートリアルガイドや、GitHubの解説ページを参照してください。

見出し

VFMでの記述
# Heading text(1段階の見出し)
## Heading text(2段階の見出し)
### Heading text(3段階の見出し)
#### Heading text(4段階の見出し)
#### Heading text(4段階の見出し)
### Heading text(3段階の見出し)
### Heading text(3段階の見出し)
## Heading text(2段階の見出し)
# Heading text(1段階の見出し)
HTMLへの変換結果
<section id="heading-text1段階の見出し">
  <h1>Heading text(1段階の見出し)</h1>
  <section id="heading-text2段階の見出し">
    <h2>Heading text(2段階の見出し)</h2>
    <section id="heading-text3段階の見出し">
      <h3>Heading text(3段階の見出し)</h3>
      <section id="heading-text4段階の見出し">
        <h4>Heading text(4段階の見出し)</h4>
      </section>
      <section id="heading-text4段階の見出し-1">
        <h4>Heading text(4段階の見出し)</h4>
      </section>
    </section>
    <section id="heading-text3段階の見出し-1">
      <h3>Heading text(3段階の見出し)</h3>
    </section>
    <section id="heading-text3段階の見出し-2">
      <h3>Heading text(3段階の見出し)</h3>
    </section>
  </section>
  <section id="heading-text2段階の見出し-1">
    <h2>Heading text(2段階の見出し)</h2>
  </section>
</section>
<section id="heading-text1段階の見出し-1">
  <h1>Heading text(1段階の見出し)</h1>
</section>
PDF ファイルへの出力結果

リスト (順序なし)

VFMでの記述
- 親リスト1
    - 子リスト1-1
        - 子リスト1-1-1
        - 子リスト1-1-2
    - 子リスト1-2
- 親リスト2
- 親リスト3
HTMLへの変換結果
<ul>
  <li>親リスト1
    <ul>
      <li>子リスト1-1
        <ul>
          <li>子リスト1-1-1</li>
          <li>子リスト1-1-2</li>
        </ul>
      </li>
      <li>子リスト1-2</li>
    </ul>
  </li>
  <li>親リスト2</li>
  <li>親リスト3</li>
</ul>
PDF ファイルへの出力結果

リスト (順序あり)

VFMでの記述
1. 親リスト1
    1. 子リスト1-1
        1. 子リスト1-1-1
        2. 子リスト1-1-2
    2. 子リスト1-2
2. 親リスト2
3. 親リスト3
HTMLへの変換結果
<ol>
  <li>親リスト1
    <ol>
      <li>子リスト1-1
        <ol>
          <li>子リスト1-1-1</li>
          <li>子リスト1-1-2</li>
        </ol>
      </li>
      <li>子リスト1-2</li>
    </ol>
  </li>
  <li>親リスト2</li>
  <li>親リスト3</li>
</ol>
PDF ファイルへの出力結果

リンク

記法

[text](url)

VFMでの記述
[Vivliostyle](https://vivliostyle.org)
HTMLへの変換結果
<a href="https://vivliostyle.org">Vivliostyle</a>
PDF ファイルへの出力結果

キャプチャからは分かりませんが、クリッカブルになっています。

強調

記法

**text**

VFMでの記述
**なんて太い強調だ**
HTMLへの変換結果
<strong>なんて太い強調だ</strong>
PDF ファイルへの出力結果

GFMを拡張する記法

GFM では書けない、VFM の拡張記法をご紹介します。いずれも技術ドキュメントには必須でなくとも、日本語書籍では不可欠な表現ばかりです。

ルビ

記法

{漢字|ルビ}

VFMでの記述
{振|ふ}り{仮名|がな}が使えます。
HTMLへの変換結果
<ruby><rt></rt>
</ruby><ruby>仮名
  <rt>がな</rt>
</ruby>
が使えます。
PDF ファイルへの出力結果

画像のサイズとキャプション

記法

![text](./image.png){width=nnn}

画像ファイルは( )内に相対パスで指定します。nnn は数値、単位は px ですが省略して記述します。width (幅) の他に height (高さ) も使えます。

VFMでの記述
![VFMならキャプションも書けます。画像のサイズは幅1500pxです。](./fig-1.jpeg){width=1500}
HTMLへの変換結果
<figure>
  <img src="./fig-1.jpeg" alt="VFMならキャプションも書けます。画像のサイズは幅1500pxです。" width="1500">
  <figcaption>VFMならキャプションも書けます。画像のサイズは幅1500pxです。</figcaption>
</figure>
PDF ファイルへの出力結果

後注

記法
text[^n]text^[text]

[^n]: text
VFMでの記述
朝、食堂でスウプを一さじ[^1]、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽かな叫び声^[本文の中に書いた注記を後注にすることもできます]をお挙げになった。

[^1]:このように後注が使えます。
HTMLへの変換結果
<section>
  <p>朝、食堂でスウプを一さじ
    <sup id="fnref-1">
      <a href="#fn-1" class="footnote-ref">1</a>
    </sup>
    、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽かな叫び声
    <sup id="fnref-2">
      <a href="#fn-2" class="footnote-ref">2</a>
    </sup>
    をお挙げになった。
  </p>
</section>
<div class="footnotes">
  <hr>
  <ol>
    <li id="fn-1">このように後注が使えます。
      <a href="#fnref-1" class="footnote-backref"></a>
    </li>
    <li id="fn-2">本文の中に書いた注記を後注にすることもできます
      <a href="#fnref-2" class="footnote-backref"></a>
    </li>
  </ol>
</div>
PDF ファイルへの出力結果

出典:『斜陽』太宰治、1947年

脚注

インストールの際にテーマファイル @vivliostyle/theme-techbookを選択した場合、以下の記法で脚注を使えます。

記法
<span class="footnote">footnote text</span>
VFMでの記述
「さよなら。」って、その子は花<span class="footnote">この部分が脚注になります。</span>に言った。
 でも花はなにも返さなかった。
「さよなら。」って、もういちど言った。
 花はえへんとやったけど、病気のせいではなかった。
「あたし、バカね。」と、なんとか花がいった。「ゆるしてね。お幸せに。」
 つっかかってこなかったので、その子はびっくりした。ガラスの覆いを持ったまま、おろおろと、その場に立ちつくした。どうして穏やかでやさしいのか、分からなかった。
「ううん、好きなの。」と花は言った。「きみがそのこと分かんないのは、あたしのせい。どうでもいいか。でも、きみもあたしと同じで、バカ<span class="footnote">これが2番目の脚注です</span>。お幸せに。……覆いはそのままにしといて。もう、それだけでいい。
HTMLへの変換結果
「さよなら。」って、その子は花
<span class="footnote">この部分が脚注になります。</span>に言った。
<br>でも花はなにも返さなかった。
<br>「さよなら。」って、もういちど言った。
<br>花はえへんとやったけど、病気のせいではなかった。
<br>「あたし、バカね。」と、なんとか花がいった。「ゆるしてね。お幸せに。」
<br>つっかかってこなかったので、その子はびっくりした。ガラスの覆いを持ったまま、おろおろと、その場に立ちつくした。どうして穏やかでやさしいのか、分からなかった。
<br>「ううん、好きなの。」と花は言った。「きみがそのこと分かんないのは、あたしのせい。どうでもいいか。でも、きみもあたしと同じで、バカ
<span class="footnote">これが2番目の脚注です</span>。お幸せに。……覆いはそのままにしといて。もう、それだけでいい。」
PDF ファイルへの出力結果

出典:『あのときの王子くん』アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ作、大久保ゆう訳、1943年 (一部仮名を漢字にあらためました)/CC BY 2.1 JP

この他にも、引用やコード、表組みなど、さまざまな表現が可能です。ぜひチュートリアルガイドGitHubの解説ページをご参照ください。

縦中横

Create Book は、インストールの際テーマファイル @vivliostyle/theme-bunko を選択すると縦書きになります。その際、下記のように HTML により縦中横を指定することができます。

記法
text<span class="tcy">nn</span>text
VFMでの記述
ええと<span class="tcy">4</span>×<span class="tcy">5</span>=<span class="tcy">12</span>、<span class="tcy">4</span>×<span class="tcy">6</span>=<span class="tcy">13</span>、<span class="tcy">4</span>×<span class="tcy">7</span>——ああ、もう! そんな調子じゃいつまでも<span class="tcy">20</span>にならなくてよ!
HTMLへの変換結果
<p>ええと
  <span class="tcy">4</span>×
  <span class="tcy">5</span><span class="tcy">12</span><span class="tcy">4</span>×
  <span class="tcy">6</span><span class="tcy">13</span><span class="tcy">4</span>×
  <span class="tcy">7</span>——ああ、もう! そんな調子じゃいつまでも
  <span class="tcy">20</span>にならなくてよ!
</p>
PDF ファイルへの出力結果

出典:『アリスはふしぎの国で』ルイス・キャロル作、大久保ゆう訳、1865年/CC BY 2.1 JP

Create Book でPDFファイルを出力しよう

本のカスタマイズ

原稿が完成したら本を作ってみましょう。Create Book は以下のように CSS 組版した後、自動的に PDF ファイルを出力します。

  1. markdown ファイルを HTML に変換
  2. それをVivliostyle CLIが、vivliostyle.config.js (図1❷) の設定に従い組版
  3. さらに package.json (図1❸) の設定に従い、PDF ファイルに出力

作りたい本の大まかな用途や造本イメージは、インストール時にテーマファイルを選択することで決定しましたが、さらに細かな設定を vivliostyle.config.jspackage.json を編集することでおこなう訳です。複数の原稿を1冊にまとめたり、目次、奥付の追加する設定もここでおこないます。

vivliostyle.config.js (図1❷)の編集

package.json(図1❸)の編集

PDF ファイルの出力

以下のコマンドにより、Vivliostyle CLI が上記設定ファイルを読み込み、自動的に PDF ファイルを出力します。これで完成です!

npm run build

より詳細は以下をご参照ください。


以上、駆け足で Create Book をご紹介しました。このページの情報はあくまで一部、より詳しいことはぜひチュートリアルガイドを読んでみてください。それから、Create Book はまだまだ開発途上。「これって不具合?」「こんなことができればいい!」などありましたら、ぜひ下記からお知らせください!